Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.06.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

堂本光一

う、腕が…

さりげなく筋肉痛です(爆)(ひ弱すぎる)

昨日はうっかり飲みすぎて、今日は昼の12時まで寝てました。しあわせラブ
でも、基本梅酒だったので、二日酔いはなし!!さすがだ!!(何が)

相方さんといろいろ話しながら飲んでて楽しかったですよー♪
相方さんとはもう12年の付き合いでして(長っ)(わたしが9歳の時からですねー)(出会った当初は9歳と28歳…親子!?)
初めてコンサートに行ったときは16歳と35歳…子どもと保護者状態でした(笑)
なんで、一緒にコンサート行くようになったのかーとか、初対面がどーだったーとか、お互いにまったくもって覚えてないんですけど(爆)
いろいろ盛り上がりました(笑)
人生の話(やや大げさ)だったり、結婚の話だったり、もちろんKinKiの話だったり…
年上の方と飲むのはやっかしいいですよイヒヒまさかこんな風に一緒に飲める仲になるとは思ってなかったですけど(笑)

明日も楽しみだー♪

と、いうことで、昨日のレポ…というか個人的感想メモ??
思いのほかあんまり覚えてなかったので…明日しっかり見て補足かなー…
意外にMCは頑張ってます(笑)MC中心になる可能性大。
ネタバレしまくりですのでご注意を。



あーーー…

外組するつもりでタンクにいればよかった…(凹)
KOICHI DOMOTO
CONCERT TOUR 2006 mirror
〜The Music Mirrors
          My Feeling〜

2006.10.28 横浜アリーナ 18:00〜

Overture
これもPigi?スクリーンではないので若干見にくかったですが(爆)
なんか、エジプトの遺跡みたいな感じ。横アリなのに、すっごい照明がキレイ!
というか、興奮しすぎてあんまり覚えてない(コラ)
多分MAが炎もって踊ったりしてました(遠くて確認できず)
あと、滑り台みたいなの(のちにビジョンとしても機能)でスーっておりたりねー。

Deep in your heart
キターーー!!王子だ王子だ!!
なんか、赤い布をまとって登場(すぐ脱いでましたが)その下はPVと同じかな?
登場した瞬間に会場わしづかみにする光一さん。一気に世界が変わりました。

UNBREAKABLE
踊りまくり光一さん。
記憶がない…久しぶりの『コンサート』に大興奮してたのが原因かと(爆)

愛の十字架〜Promise 2U〜
ステージ左の花道使用。しかもせりあがってたなー。これでも遠かった…(涙)
ダンサーさんがキレイでした(それだけ??)
「最後まで盛り上がっていこーぜー!!」みたいなあおりもあり…おぉー!アイドルがいるぞーと実感(ぇ)
あ、歌の途中でターンとかしてて、そこでも「アイドルだっ!!」って実感しました(爆)

MC
「こうちゃんでっす!」「きゃー」「うっせぇ!!」としょっぱなからドS万歳な光一さん(笑)でも、すぐに謝るヘタレ王子(爆)
2年ぶりの横浜アリーナでーって話から、いろんな方が来てくれて…って話を。
親子席をいじりー、子どもを「ちっちぇー」呼ばわりする光一氏。ブーイングされても、
「ちっちぇーじゃろ!?」と反論。噛んでます。
さらには、「あぁ、俺もちっちぇーさ!!」と逆ギレ。キャラがおかしい光一氏。

男性も多くなって…ということで、「どれくらい男性の方いらっしゃいますか?」に、「こーちゃーん!!」の野太い声(笑)対抗して、マイクなしで「おきゃくさーん!!」と叫ぶ光一氏。さすが座長、声がよく通る!しっかり聞こえてたもんなー。
(男性は)恥ずかしがって見てる人が多いんだけどーって話をしていると、思いっきり入ってくるさっきの男性の声に、
「ね?こうやってうざったいくらい入ってくんの」と失礼な光一氏。
でも、すぐに、「うそ!うそ!!きてぇーハートなんだったら踊ろうぜ!一緒に!」とフォローに入ってました(笑)
さらに、「男性だけで『こーちゃん』って言ってもらっていいですか?」と、男性をいじりまくる光一氏。
「せーの」って言う前に叫んじゃった男性にはしっかりと突っ込みます(笑)
思ったより男の人が多くてビックリ。そして、しっかり「こーちゃーん」と叫んでくれることにさらにビックリしました(笑)いい人たちだ!!
言わせた本人は、「なんか、『せーこちゃーん』みたいだな」とおっさん発言し、客に古いと言われてました(笑)

さらにドS光一氏炸裂。「ね、若い方からそうでもない方まで…」と失礼発言。「ホントのこと言ってるだけやないか!」とまで。
「昔からのファンの人は、俺らとおんなじように歳くってるんだからー。最近ファンになった人っています?…いるんだ?どうしちゃったんだろーねー(この言い方がかわいかった☆)
「昔の画とかきっついもんなー」に、飛び交う「かわいーよー」の声に、
「かわいいのはわかってんの!俺も意識してんの!……してねぇー」とひとりノリツッコミしてみる光一氏。

今日来てる人は「若い人からそーでもない人。女性男性その間」だそうです(笑)

「2年前よりシンプルですよー」と語る光一氏。「自分がソロでデビューするなんて想像してなかった」「楽曲たちを皆さんの心に届けるためにどうしたらいいかなーと考えてつくりました」
「音楽とかを、目で見て、耳で聞いて、肌で感じて……脱いで」と途中で煮詰まった光一氏。とにかく、何でもありだといいたいらしい。
「脱いでー」の声に、「俺はもう脱いでるから!いま何にも着てないから!」でも、自分の身体をまじまじと見て「コレが裸だったらやだなー」と一言。わたしもそんな光ちゃんヤです。

客席からの声に「うん。何言ってるかさっぱりわからん」とばっさり。
そして、ひとり笑い出す光一氏に、「この雰囲気いーねー!今日は熱い!!」とお褒めの言葉をいただきました(笑)
「ホント、熱いから、脱ぎたくなったら脱いで!俺も取りたくなったら取るから!」と髪の毛を飛ばすふりをする光ちゃん(おなじみ)

「今日は何でもありにしよう!今しか作れない空気感を作りましょう!今日は最後までよろしく!」で、次の曲へ。

とりあえず、光一氏は髪の毛が伸びたと思います(どうでもいい)

+MILLION but -LOVE
デニムに白のTシャツに黒のジャケット(たしか)腰に金のチェーンがついてました。
赤いマイクスタンドで歌ってました。音楽戦士と同じ感じかな?
あ、途中で椅子を使った演出あり。ダンサーさんと絡みまくり。カッコイイです。
わたし的には、倒したマイクスタンドを足で立て直すところが好きハート大小(細かい)

Take me to...
あら?バンドが登場したのってこの曲でしたっけ??
クラブにやってきた光ちゃん…みたいな感じ(笑)照明と画面でクラブな雰囲気が凄い出てました。
どんどんカップル成立(MAとダンサーさん)する中、振られまくる光一さん(切ない!)
そして、最後に残った光一さん、秋山さん、町田さん(多分。遠くて顔がわかんなかったのです…)
最終的に、秋山さんに飛びつく光一氏。カップル成立です(ぇ)
床を叩いて悔しがる町田氏がいとおしかったです(笑)

Love me more
この曲好き。ファルセットがステキですラブラブ
Hコンとダンスとかは変わってない…かな?

Addicted
演出がすごい。画面に目が出るだけでドキッとする末期なわたし…orz
始まりはめっちゃエジプトみたいなのに、衣装は赤の闘牛士みたいな感じ(ぇ)(アンダルシアみたいなのです!)(あーいうのってなんていうの??)
鏡だったり、画面だったりに光一さんがたくさん。
でも、ナナメから見てたのでイマイチわからず…万華鏡みたいになってたのかなー??
正面から見たかった!!明日に期待!!
とりあえず、胸にモエモエ(ゆーにーどみーもーえんもあ)(聞こえません!?)ってことです(何)

追憶の雨
…き、記憶が…汗
あー、そうそう、メインステージの前の方がせりあがった…んじゃなかったですかね?
あと、画面に歌詞が出るんですが、書体が微妙…演歌みたいでした(失礼)
しみじみと「光一氏、歌上手くなったなー」と失礼なことを考えていたわたし(……)

ミニMC
追憶の雨はSHOCKでつかってたんですよーって話(「秋山さんがさみしそーにデカイ背中で…」)から、次の曲もSHOCKでつかってた曲ですーと曲紹介。
途中、お客さんに「ヒュー」って言われて喜ぶ光一氏(ステキ!)(ぇ)「なんだい?」が渋くてもえもえでした(笑)
この曲をやるにあたって問題が…秋山さんが出てないので、フリを知らないっていう(大変!!)
「ぼく、でてないんですけど…」という秋山氏に「じゃー、出なくていーんじゃないのー?」と光一氏(Sだ!ドS!!)
「3人にフリうつししてもらえばいいじゃん」というものの、「やだー。え?出るの??」と断るMAの3人(やっぱり)最終的にはみなさんプロなので、しっかり教えてあげたそうですが。
で、この曲、相手がいないとダメだろーってことで、ついでだから(!)秋山でいっか!ってことになったそうで。
で、「Why do you dance with me?」にしちゃえば、「え?お前なんで踊るの?」ってなるからいいだろうと(相変わらず扱いがひどい)
「『Show me your step』って歌詞があるんですけど、そのときの秋山さんのステップはすごいですよー!彼は顔で踊ってますからね!!」

Why do you dance with me?
サントラには入ってない、呼びかけるトコからスタート!!
もちろん「Hey!ツバサ(リョウ)」は「アキヤマ!」になってます(笑)
そして、見所。「Show me your step」は…表現できないくらい凄かったです…(爆笑)
どんどんテンションの上がる秋山氏。盛り上がりすぎて、途中で「しゃー!」とかなんとか言いながらジャンプ!おもわず笑う光一氏。唄えてません。
さらには階段に登って高いところから跳ぶ!秋山氏サイコー!!

ダンス、歌はやっぱりステキハートホントにこの曲好きなのでうれしかったー!

さて、2番。唄いだす秋山氏。ひっくり返るMA(3人)と光一氏(かわいいラブ)
順番にMAで唄ってたと思われます。(ひっくり返った光一さんがかわいすぎて、記憶がとびました)(ぇ)

最後は、秋山さんがしっかりとしめてくださいました(爆笑)

MC
テンションupup上向きの秋山さんが調子に乗って盛り上げます(爆)
「なんでしょうこの幸せな時間は…」というアッキーに対して、どん引きのMA(3人)と光一さん。光一さんにいたっては、青いハンカチで汗を拭くのに夢中です(ハンカチ王子だ!!)(ネタが古いよ!)
「あついねー。秋山の顔もあつくるしいねー」「おっと俺かい?でも、米花の顔もあつくるしいぜ」「たしかにあつくるしい…というわけでMAでーす」…こんな紹介でいいんでしょうか…

「そろそろ年頃的に座りたくなるころでしょう」と再び失礼な光一さん。今日はそーいうキャラなんですか??

SHOCKだったりいろいろと光一さんとずーっと一緒なMA。
「もう、MAと一緒にいると楽しくてしょうがない!」とアッキー以外に話しかける光一氏。
「いやいや、MAは4人ですよ!」「いや、4人でも、3人といると楽しいってことですよね」と、何気にひどい米花さん。
米花さんは秋山氏の悪口になると、体調が悪くてもものすごく楽しそうに、笑顔になっちゃうくらいだそうで(笑)

ちっちゃい子もいるってことで、なんか心配になったのか急にフォローに入る秋山さん。
「コレはイジリです!いじめではありません!だから、学校でなんかあっても、僕いじられてる!おいしい!!と思うくらいで」…うーん、それは違うと思います…(笑)
「幸せなやつだなー。そんな秋山さんが好きだけど」みたいなことを言った光一さん。それを聞いた町田さん…眉間にしわを寄せて秋山さんを睨んでます(爆)やってることはめっちゃかわいいんですが、髪形がいかつくなってるので、若干怖いです…
「いやいや、町田さんも好きですよー」と言ってもらえて、満面の笑顔の町田さん(かわいすぎる!)…町田さんの光ちゃんラブ度が増してる気がしてしょうがないです(笑)

コンサートが終わってからもずっと一緒なので、「MAの濃い顔にも目が慣れてきた」光一さん(笑)
大阪公演終了後のオフショットを公開してくれました☆
焼肉やさんでご飯を食べる光一さんとMA。
すぐおなかいっぱいになって、隅っこで眠そうにしてる光一さんとは対照的に、めっちゃ食う町田氏。焼肉おなかいっぱい食べた後、ホテルに帰ってからパンを食べようとしていたそう。そんなイメージないんだけどなー。意外でした(笑)
秋山さんは、時々光一さんより小食なそうで…「何で太るの?」といわれてました(かわいそう!)
そのまま体重の話へ。会場に対して暴言もたくさん(爆)
身長と体重の関係性だから…ってことで、身長の話になり…
「俺が168cmだからー」に「えーーー!」と大ブーイングが…「なんだよ!…じゃあ148でいいよ!」と言い出す光一さんに「じゃあ、屋良っちはどうなっちゃうんですか!」「おいおい…130くらいかなー」ナイスリアクションです屋良さん(笑)光一さんと2人あわせてちびーずです(笑)
あ、わたしとまみこのチーム名がパクられましたね(ぇ)
ヨネと町田さんが170ないくらいだから、あんまり変わらないですよ!と言われて、ヨネの隣に並ぶ光一さん。あー、たしかにそんなに変わらないかなー…と思っていると…
米花くんを押しのけて、光一さんの隣に並ぶ町田さん。ただ隣に並びたかっただけらしい(乙女過ぎる!!)
体重の話に関しては、光一さんの専属体重係(違)米花さんが黙ってません(笑)
なにしろ、エレベーターの前で嬉しそうに体重計とともにスタンバってるくらいですからね(やや妄想混じり)0.1kgでも減ると、「食べてください!」と言われるとか。
モモ肉のドアップ。特別項目「太もも」な秋山氏。
それに比べて、ケツがない光一氏。光一さんは腰パンしたら下がっちゃうからできないのに対し、秋山さんは腰パンしたら上がってきちゃうんだそうで(笑)
ホテルに帰って、大貧民のカードがあんまりにも悪いので瞑想する光一さん。ものすごい体勢です。イスの上で逆立ちして、手すりに肩が乗ってる状態。
で、それを逆さにしてみました。…楽しそうですねー光一さん。

「おっきい人には飛びつきたくなる」光一さん。秋山さんに飛びついたりもしてました。(ただ、MAは飛びつきたいと思ったことはないそうですが…)
そのときの町田さんが…(笑)

KinKiはちっちゃいけど、スタイルがいい!と熱弁する秋山さん。「世にも〜」でしみじみ思ったそうなのですが、「最後のアップはイケてなかったけどね!」とばっさり光一氏。…うーん、確かに(コラ)
さらには、「もう一人の方はときどき太ったりしちゃうけどね」とまで(!!)

MAの「FAME」の告知で、それぞれの役名を聞く光一さん。
町田さんに「シロモくんラブと、肩を叩いてみたり…そこを町田さんは嬉しそうになでなでして、顔に塗りつけてました(うらやましい!)
秋山さんに対しては「ニッキ?」と錦織さんの真似をはじめる光一さん…自由だなー。
「今回真面目な役なんで!」と本気で嫌がる秋山さんですが、光一さんがニッキをやるたんびに町田さんはしっかり乗っかってました(愛だね!)

SHOCKの追加の話も。「休演日にもやることになって…だれがやるんだろうね!」いやいやいや、あなたですよ!!

振り付けコーナーもあり。先生は秋山さんです。
光一さんとMAは左から。会場のみなさんは左から。光一さんたちがわたしたちの鏡になってくれるそうです(きゃー)「似ても似つかないけどね!」(……)自分で、「一言多いんだよなー」と反省してました(笑)
振り付けは…なんていうか凄かったです(笑)バレエ要素も入ってるそうで。
隣の人とぶつかって乱闘にならないよう注意しましょう(爆)わらびもちが飛んできて、きな粉がわさーなってしまいます(どこからわらびもちが!?)
大変だったのが、最後のポーズを決めるところ。
秋山さんが何を提案しても、会場のみなさんが納得しないという…
光一さんが提案したポーズ(HGのわっしょーいみたいな)に関しては大ブーイング(笑)
ブチぎれる秋山さんをなだめる光一さん。「秋山さん、言葉遣いが…僕からちゃんと言っておきますから…落ち着いて……お前ら、ごるぅらー!ちゃんとやらんかい光一さん大崩壊です(ステキ!)
「地方の人はやってくれたんだけどなー」「じゃあやるーー!」と必死な会場が面白かったです(笑)
必死に考える秋山さん。とりあえずいろいろやってました。
「今日のお客さんは聞きわけが悪い!」「こんなにやり直しさせられたのは初めてです」
一回、振り付け自体がなくなりそうになりましたからね(!!)
「やりたい割には文句が多い!」「女ってのはそういう生き物やねん…」
途中から、光ちゃんとアッキーでおばちゃんの井戸端会議みたいになってました(笑)
最終的には、おばちゃん光ちゃんがやっていたポーズを気に入ってそれを採用。
「もう」の前に、ちっちゃく「ん」を入れて、「もう」と色っぽく言いながらやりましょう(笑)

Spicaは、「つくる予定じゃなかったんだけど、ふつーの曲もあったほうがいいよっていわれて」つくったそうです。
「自分的にはどうかなーって感じだったんですけど…」って言ってましたが、いい曲ですよ!!なにより、おとめ座のことだし(自分おとめ座です☆)

Spica
天井に星が!!すっごいキレイです。流れ星も流れます。客席のペンライトも星みたいで、すっごいキレイだったなー。
でも、星の中に光一さんの顔が映るみたいになったときはちょっと面白かった…(失礼)
たしか、ステージ右側の花道つかってたはず。

Shadows On The Floor
メンバー紹介と、さっきの振り付けの曲です。
MAはラップで。ダンサーさんは「ダンサー!」の掛け合いで。「ダンサーさんだー」じゃなかったのが残念…
会場の踊りを見た光一さん、「やりゃーできんじゃねーか!!」と一言(男前!)

上からのカメラ大活躍。MAがタップしててかっこいい!
立ち位置とか、凄い計算されてるんだなー。すごいなー。と思いながら見てた曲です。

One more XXX...
照明がキレイだった印象が…
ものすごいシンプルなんだけど、照明でいろいろクローズアップされて…みたいな?あれ、違う曲だっけか??
最初のほうは、ステッキ持って踊ってました。いつのまにかなくなってたけど。
one more XXXのとこでステッキにキスするかと思ったけど、してくれませんでした(だから何)

SNAKE
ステージの一番高いトコでマイクスタンドで歌います。
その下でおどるMA。振り付けをやらっちがやったって聞いてたので、ついついMAが気になっちゃってた曲です。

ヴェルヴェット・レイン
光ちゃんがギターを弾いて歌います!!正直ちょっとビックリしました。珍しい!!みたいな(笑)
思ったのは、ギターの位置低いなーだったり(爆)つよっさんが上のほうで持ってるから、なんか不思議な感じがしました(笑)

-so young blues- 2006
アリーナ周辺をトロッコで回ります。途中バンドメンバーさんの紹介あり。
…こんなにトロッコに乗ってるタレントを安心して見ていられたのは久しぶりでした(爆)
さすがというか、なんというか…誰一人として触ろうとしないっていうね!逆にいいの!?って思っちゃうような(笑)(まぁ、そこまで距離が近くないってのもあったとは思いますけど)誰一人として席移動もしないしね!やっぱりこうじゃないと!!

下弦の月
衣装が変わって大正解!!本気でヤバス!!反則の域に達してます(爆)
PVと重ねてみようものなら、もうもうもうもうもうもうもう!!(壊)
紫の傘とか出てきた瞬間もう、殺す気かってくらいの勢いで!!
どうして、こんなに”和”が似合うんだっ!!
とにかく、これぞ堂本光一!!!としか言いようがないです。

夜の海
確信犯ですよね。この流れはもうやめてほしい(爆)どうしろっていうんですか!!ずるい!!
後ろに出てる夜の海がきれいで。おかげでさらにヤバスです(爆)
踊りはSHOCKと同じく。よりいっそうヤバスです(わかったって!)
もう、見てて、「光ちゃん死んじゃう!!」みたいな!!(ぇ)
バラまで降ってきちゃうし、下弦ともリンクしちゃってもう大変。
あんまりにも感動しすぎて、ペンライト振るのもわすれてました(末期)

愛の十字架〜Promise 2U〜
光一さんが好きなパターンだよね(爆)最初はスロー、途中からテンポアップです。
てか、隣の人が光ちゃん歌いだした瞬間に大笑いしてたのがちょっと(怒)
…気持ちはわからなくもないですが(コラコラ)
でも、わたしと相方さんも「光ちゃん歌上手くなってよかったねー。昔の光ちゃんじゃあの唄い方はできなかったよね」とか失礼ぶっこいてるんで人のこと言えません(大問題)

最後は、一番上のおっきい画面が開いて、そこから帰っていかれました。そこって開くんだ!とビックリした(笑)

アンコール
+MILLION but -LOVE
「呼んでくれるのはいいんですけど、もうちょっと揃えてよ!」と、やっぱり暴言堂本光一(笑)
もう、ものすっごい楽しそうでした。MAともよく絡んでたしねー。
町田さんがメロメロになってました(笑)最後まで罪作りな光一さん(爆)
途中、はしゃぎすぎて腰を痛めたりね(爆笑)

Wアンコール
Deep in your heart
規制退場のアナウンスがはいっても止まない「光ちゃん」コールに光一さん登場!!
そそくさと帰っていくスーツの男性に「すみませんねー。お仕事お疲れ様です!」と挨拶する王子(笑)
「なんだー、揃うんじゃーんと思って出てきてしまいました」最後まで上目線堂本光一(笑)
「27歳だけど、まだまだ若いもんには負けないんだぞと。みなさんがまだまだ若いところも見たい!」「あんまり、はしゃぐ曲じゃないんだけど…みんなで跳びまくりましょう!!」と曲スタート。
で、ひたすらジャンプジャンプ!!サボると光一さんに「休むなー!」と叱られます(笑)でも、この曲で跳ぶの難しいよ(爆)そして、ものすごく疲れます。Six Packより疲れる(ぇ)
「今日はよく寝れそうです。ステキな夢が見れそうです」「また、必ずこういった形でお会いできるよう楽しみにしております!」「じゃあ、こんどは東京ドームでKinKi Kidsとして会いましょう!おみちもうしげております(お待ち申し上げておりますと言いたかったらしい。噛みカミ王子)」「いずれ、ソロでも会いましょう!いずれね!」と言って帰って行かれました…

どうしよう!もう年末まで待てない(爆)
そして、ココまで作りこんであるコンサートを見てしまうと、他のに行ったときに満足できなくなるんじゃないかと心配です(大げさ)

無駄に長いなー…文才なくてごめんなさい…
全体的には落ち着いた雰囲気だったかなーと。まぁ、曲調的に暗い曲が多いからかもしれないですけど(爆)
とりあえず、久しぶりに安心して見れた『コンサート』でした。ノるところはノって、聴くところは聴いて、跳ぶところは跳ぶ!みたいな。
デビュー(もうすぐ)10年の重みみたいな?(どうだろうか)
やっぱり、ファンも一緒に成長するもんなんだなーと実感しました。

これ書くのにものすごい時間かかったなー…とちゅうでご飯食べたり、お風呂はいったりしました(どうでもいい情報)
  • 2006.10.29 Sunday
  • 16:33

-

スポンサーサイト

  • 2012.06.13 Wednesday
  • 16:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback